無料ブログはココログ
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年5月13日 (水)

中央植物園の藤とクレマチス



 ちょっと手が空いたので植物園へ。着いたのは16時。賑わいの後でした。

 会員証がいつものカードケースになく・・・受付で「忘れたのですが・・・」と恐る恐る声をかける。受付の方はにっこり微笑んで「今日は無料です」と。ラッキーでした。

 藤はもう遅いと思いつつ、藤棚へ直行。

Cimg5448w750

Cimg5451w750

 見れないほどではありませんが、結構散っていました。

Cimg5449w750

 でも、青空に映えて、きれいでした。

Cimg5452w750

Cimg5450w750

 クレマチスが盛りかと思い、行ってみました。

 まだ、早いようです。それとも、今年の花のつきが悪いのか。

Cimg5455w750


Cimg5456w750

Cimg5457w750



Cimg5458w750

 「クレマチス園」で写真を撮っている人がちらほら。

 帰り際にチラシを見つけたのですが、この日は「写真教室」が開催されていたのでした。そういえば、昨年、市民大学のロケーションもこの時期だったと思い出しました。

2015年5月 5日 (火)

ラ・フォル・ジュルネ金沢へ

 5月4日、金沢へ。

 金沢駅は人・人・人・・・の大賑わい。

 券売機も「新幹線」「いしかわ鉄道(在来線)・JR」と分かりにくい。慣れない人たちでごった返していた。

 SFさんに誘われて「ラ・フォル・ジュルネ金沢」へ。公演番号K213を鑑賞。

 曲目はJ.S.バッハ:カンタータBWV147より「心と口と行いと生活で」

                         コラール「主よ、人の望みの喜びよ」

                     BWV243マニフィカト

 松原混声合唱団、オーケストラ・アンサンブル金沢、井上道義指揮

 音楽堂大ホールにゆったり身を沈め・・・豊かな時間を満喫。

 どの演奏も素敵でした。が、「BWV243マニフィカト」は圧巻でした。

 この曲は、今年度のBET(合唱団「バッハアンサンブル富山」)の定演曲の一つ。今、練習中の曲。いい刺激になりました。

 会場前に音楽堂の前の特設テントでBETの人たちとティータイム。ピアニストさんを始め何人もの合唱団員に出会いました。

Cimg5436w750

 

2015年5月 3日 (日)

藤の花

 5月1日、富山市民芸術創造センターへ行きました。

 8月練習会場予約の抽選日。幸いなことに今回はすんなり予約会場が確保できました。

 気持ちもゆったり。前庭にある藤棚の下で一休み。花の香りが漂っています。

大きな花蜂もブンブン飛び交っていました。

 Cimg5427w750

Cimg5428w750

Cimg5433w750

 青空に映えてきれいです。

 藤棚の下にはタンポポが絮を付けはじめていました。

Cimg5434w750




2015年5月 1日 (金)

庭が小さくなりました

 裏の庭に、若夫婦が家を建てました。

 母が植えたいろいろの種類の樹木、草花がなくなりさみしくなりました。

 小さな前庭が残っています。

 でも工事の車が出入りしたからか、枯気味のものもあります。水仙も花をつけず葉ばかり伸びました。ちょっと手入れが必要のようです。

 名残の椿を撮りました。

 Cimg5407w750

Cimg5409w750


Cimg5412w750

Cimg5415w750

 クリスマスローズは白と薄いえんじ色の株が残りました。

Cimg5410w750


Cimg5411w750

 嬉しいことに、2年前、「昭和の日」恒例のハイキングでとってきたイカリソウが、今年初めて花を付けました。

Cimg5417w750

 椿の新芽も伸びています。

 小さくなった庭ですが、限られた空間の中で四季の花々を楽しみたいと思います。

Cimg5416w750





2015年4月17日 (金)

桜あれこれ その3

 カメラが数日、行方不明。昨日やっとでてくる。

 その間に桜は風雨にさらされ、散ってしまった。

 車で移動中にいろいろな場所の桜は眺めたけれど、ゆっくり歩いて鑑賞する機会を逸してしまった感がある。残念。

 介護予防センターの駐車場の桜も散り始めた。また、来年・・・ありがとう、桜さん。

Cimg5404w750

Cimg5405w750

Cimg5403_2w750


Cimg5406w750



2015年4月16日 (木)

桜あれこれ その2

 4月9日、中央植物園へ。今日から「さくら祭」、ライトアップされ、9時半まで開園。木曜日の定休日返上で幕開けです。明日の夜は「雨」との予報を聞き、出かけました。

 さくらプロムナードから見たところ。植物園の園舎が池に映りきれいです。

Cimg5387w750

Cimg5385w750

Cimg5388w750

Cimg5394w750


Cimg5395w750

 桜を見た後、園舎を一巡。

 エントランスホール正面に「ソメイヨシノ(手前)」「エドヒガン(奥左)」「オオシマザクラ(奥右)」の小枝が展示してありました。

Cimg5398w750

 いろいろな種類の桜の紹介パネル、桜にちなんだ小物や富山の物産も展示してありました。新幹線開通で遠方からの人たちの来場も想定しているのかな、と思いました。

 奥の紫と白の幕の中では夕方6時まで呈茶の催しもあるそうです。

 Cimg5396w750










2015年4月15日 (水)

桜あれこれ その1

 例年のごとく、まずは、松川べりの桜を鑑賞しました。

 4月4日(土)の夕方、空はうす雲が広がっていましたが、明日の天気予報は雨・・・ということで、花見の人出は多かった。

Cimg5334w750

Cimg5335w750

Cimg5339w750



Cimg5356w750_4
観光遊覧船も賑わっていました。

Cimg5340w750

 4月7日、県立図書館の裏手にある北代緑地公園の桜です。
Cimg5372w750

Cimg5373w750_5




2015年4月13日 (月)

沖縄の旅 その6

 最終日。あっという間の4日目。連泊のこの日もバイキングの朝食。食材が豊富で料理の品数も多い。昨日食べておいしかったもの、昨日食べそこなったものなど、飽きずに食べることができた。

Cimg5269w750

 食後は、散歩。ホテルの横を流れる松川(どこかで聞いたような…)べりの遊歩道?をのんびり歩く。下の写真の右側にホテル。写真奥の高架は「ゆいレール」、電車が走っている。

Cimg5271w750

 大きな荷物は宅配便にしてホテルに預け、首里城を目指す。

 坂道が多く、曲がりそこないをしてまたまた3周してしまった。

Cimg5278w750

Cimg5282w750


Cimg5286w750

Cimg5293w750

 駐車場を出て売店で「入場券売り場まで30メートル」と聞いたのに、階段もあり、結構な道のりだった。300メートルの聞き違いか…

 琉球王朝450年間の歴史を誇る首里城は戦火によって焼失。本土復帰20周年を記念して、1992年に復元されたもの。総漆仕上げ、3階建ての正殿はきらびやかだった。

Cimg5296w750_2

 正殿に向かって右側の建物から中に入る。中は撮影禁止。

Cimg5297w750


 正殿の王様の椅子だけ、記念撮影OKだった。みんな写真を撮っていた。

Cimg5298w750

 首里城から那覇市内を展望。
Cimg5290w750

 次は「識名園」・・・王の別荘とお墓があるところ、を目指す。

 ナビの画面では近くにあるように見えたので、駐車場の係員に「歩いていけるか」と訊いてみた。「車で20分、道は分かりにくい」とのこと。

 ほんとうに分かりにくかった。これまたぐるぐる、最後はお店の人に訊いた。

 やっとたどり着いたと思ったのに、休園日だった。残念。

 猫がうろうろ、のんびりしている。

Cimg5309w750

Cimg5304w750

Cimg5305w750

来た、という証拠に写真だけ撮る。

Cimg5310w750


 ホテルの駐車場に戻り、車を置いて、「壷屋やちむん通り」まで歩くことにする。駐車場を出たところで、ゆいレールに丁度、電車が見えた。

Cimg5312w750_2

国際通りをどんどん進み、途中で脇の商店街に入る。

Cimg5313w750

Cimg5317w750

 この商店街を抜けたところが、目指す「壷屋やちむん通り」だった。が、休みのお店もあり・・・

 お気に入りのものは上の写真の商店街のはずれにあった、小さいながらも上品な陶器屋さんで求めました。

Cimg5320w750

 4日間の沖縄の旅。レンタカーを返却し、無事終了。

 4日間、昼食をとる時間も惜しみ(コンビニのおにぎりなどを食べながら)走りました。
 JYさんのおかげで私は助手席でのんびり・・・ありがとう。

 とても素敵な旅でした。




2015年4月11日 (土)

沖縄の旅 その5

 ガンガーラの谷を後に、海へ。グラスボートに乗船。

 船長さんはとても面白い人。お客が来れば出航!私たち2人に続いてタクシーで駆けつけた2人、計4人を乗せて、一路、沖へ。

Cimg5181w750


Cimg5185w750

 やがて、船底のガラスの下にサンゴ礁が見えてくる。いろいろな魚も泳いでいる。

Cimg5189w750
 船長さんはサービス満点。船を上下に動かしてサンゴ礁を揺らしたり、餌をまいて魚を引き寄せたり…おかげで乗り物酔いをしやすいJYさんはしっかり船酔い状態に。

 Cimg5201w750


 陸に上がって一休み。「運転、替わろうか」と言ったけど「助手席の方が気持ち悪い」とのこと。やわやわ出発。近くの「平和記念公園」でJYさんは、車で一休み。私は一人で散策。 

 紫芋とバニラのミックスソフトクリームを食べる。そのあと公園内を歩く。

Cimg5208w750_2

 「平和の礎」がどこまでも続く。
Cimg5220w750_2


Cimg5223w750_2

 富山県の戦没者名の中に同じ苗字の人名を見つける。1人。遠い親戚の人かもしれない…と思いつつ…

 資料館は新しく素敵な建物になっていた。折角なので入ってみる。展示室は撮影禁止。

Cimg5255w750_2
Cimg5242w750_2

 上の写真は資料館の外観。下の写真は資料館の1階部分。2階に展示室がある。
Cimg5236w750_2

 Cimg5245w750_2

Cimg5247w750_2

 見学できなかったJYさんに、簡単なガイドブックを購入。

 車に戻ると、ちょっと元気になっていた。よかった。

 次は「ひめゆりの塔」へ。入口に大きなガジュマルの木があった。

Cimg5257w750_2

Cimg5258w750_2

Cimg5260w750_2

 女学生たちはこの豪の中で負傷兵の手当てをしたという。

 ここも、資料館の中は撮影禁止。

 最後に琉球ガラス村を見学して、ホテルに向かう。

Cimg5262w750_2


 この日は、まだ明るいうちにホテルに着いた.。まずはベッドで一休み。2人で2時間近く、ぐっすり寝る。

 夕食はあっさりしたものを求め、ホテルの人に教えてもらった「沖縄ラーメン」のお店へ。私は豚肉のたっぷり入ったラーメンを食べたが、スープはあっさりとした味。おいしかった。写真手前のものは「海ぶどう」という海藻。口に入れるとぷちぷちと溶ける感じ。酢醤油をつけていただく。そして沖縄の固い豆腐。味が濃く、これもおいしかった。少し元気が出たJYさん、アイスクリームも食べました。私はお昼にソフトを食べたので、パス。

 明日、最終日に向け、早めに就寝。

Cimg5267w750_2



 Cimg5188w750

2015年4月 9日 (木)

沖縄の旅 その4

 3日目。この日も晴れ。

 「ガンガーラの谷」を目指す。道路を挟んで「おきなわワールド・玉泉洞」がある。間違えて、ここの駐車場に入る。ここは前に沖縄に来た時、入った記憶がある。2カ所見学するゆとりがないので、「ガンガーラの谷」へ。シーサーがお出迎え。

Cimg5177w750

 「ガンガーラの谷」の入口。入り口付近は喫茶店になっている。コンサートなども行われるという。
Cimg5090w750

 入場券を買いに窓口へ行くと「予約されていますか」と訊かれる。一番早い予約時間は午後・・・。明日の日程と入れ替えて、明日、出直してこようかと決めかけた時、「9時40分のツアーにキャンセルが出ました」と奥から案内有。ラッキーでした。10分後のツアーに参加することができました。

 この谷は鍾乳洞の天井部分が崩れ落ちてできたもの。この地層から旧石器時代のものが発掘されている。昨年日本で一番古い男性の人骨1体が見つかり、博物館で調査中とのこと。

Cimg5092w750

 左の方に見える、ブルーシートの下の地層は今、調査中。

Cimg5091w750

 案内人は若い沖縄美人の方でした。まず、参加者の確認をしながら「どこから来たか」訊かれました。千葉、横須賀、神奈川、倉敷などなど、全国各地からの参加です。ツアーについての概要説明を受けた後、貸し出し用の水筒を持って出発。

Cimg5106w750

 南方系の植物が生い茂る中を進む。

Cimg5108w750

 ガジュマルの気根が垂れ下がっている。幹の途中から出た気根が成長し、やがて地面につくそうだ。「空気中にある根=気根」

 この先は暗く、グループに1台カンテラで足元を照らしながら進む。

Cimg5114w750

Cimg5116w750

 先端に小さな雫のように伸びだしたものができるのに40年かかったそうだ。

この谷の鍾乳洞ができた年月を思うと、気が遠くなる。

Cimg5120w750
 

 下の写真の巨石は、上から転がり落ちてきてここで止まったそうです。いつ、また転がり落ちるかもしれない…その下を通りました。

 Cimg5133w750

 途中にお墓がありました。今でも使われているそうです。

親戚縁者が50人ほど集い、お墓の前で宴会をするのが沖縄の慣わしとか。
Cimg5153w750

 出口付近の「日本最古の男性の遺骨が発見された場所」にロープが張られていました。周りの色の付いた石が遺骨の上に載っていたということです。

 全ては調査中、とのこと。
 Cimg5167w750
 案内されて出てきたところは、なんと「おきなわワールド」の入り口でした。

 80分のツアーの終わりに沖縄美人の案内人さんと3人で記念撮影をしました。JYさんの一眼レフカメラで撮ってもらいました。出来上がりが楽しみです。

 


«沖縄の旅 その3